CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< サッカー日和27〜再び立ち上がれ小熊達@国立 | main | 天皇杯4回戦(以降)組み合わせ発表 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サッカー日和28〜キング対決の行方は?
10月9日(日)第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦
横浜FC 1 - 0 FCホリコシ (13:04/三ツ沢/3,090人)
得点者:'29 内田智也(横浜C)

天皇杯といえばやはり「祭」(ジャイアントキリング)
3回戦のカードで、一番の祭候補はここしかないと思っていた。
(草津−愛媛は普通に互角、愛媛が勝っても祭では。。。)

この試合のもう一つの注目が、"キング対決"
キングカズ VS キングオブトーキョー アマラオ
試合はどちらのキングもゴールはないが、存在感はさすがで、共にチームを良く引っ張っていた。
そんなキング対決は意外な所で決着する。

試合後、キングカズはサポへの挨拶を終えると普通にピッチを後に。
一方のアマラオも同じように、挨拶後はピッチを出る。
バックスタンドに陣取っていた青赤の人たちがアマラオを呼ぶように声援を送り、それにゴール裏のホリコシサポが呼応するようにアマラオコールを送る。
するとアマラオは、再びピッチに登場、そしてゴール裏のホリコシサポからバックのアマサポの一人一人に握手をして回るという"すんげえ"ファンサ。
私も、ホリコシのタオマフ巻いて握手したのは内緒(笑)
なかには、去年の湘南の12番のレプリカを着た人もいた。



あるお客が
「同じキングでもえらい違いだな」とぽつり。

この選手が、ガスサポさんに熱烈に愛された理由の一端を見た気がした。
祭りは見れなかったけど、十分に満足できた一日でした。

その後、今日の祭会場が平塚だったことを知った。
ちょっとぶるーになった。








| サッカー日和 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oujasaikou.jugem.cc/trackback/222
トラックバック