CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 横浜FC−山形 | main | 鹿島戦バスツアー続報 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サッカー日和20〜改めて知るキングの人気〜
8月6日(土) 2005 J2リーグ戦 第25節
横浜FC 1 - 2 山形 (19:04/三ツ沢/7,786人)
得点者:'11 原竜太(山形)、'44 城彰二(横浜FC)、'89 林晃平(山形)

試合レポート【J's GOAL】

「キング」の呼び名にふさわしい影響力を見た気がする。
サポーターが、FM横浜やエルゴラッソ等でのPRによってホーム三ツ沢に15000人を動員しようとした「MITSUZAWA15000PROJECT」を行った結果が、5,791人(7/16湘南戦)だったのに対して、7/30のホーム三ツ沢での水戸戦では、実に8,080人を動員。
しかもチームは、この試合に際して特別な動員の活動をしたわけでもなく、かつ相手は、J2ホーム最低観客数の水戸である。(Jリーグ公式サイトデータ
一人で2000人以上の観客を上積みした訳である。
更には、次節のアウェイ札幌戦では平日のナイトゲームにもかかわらず、今期のJ2最高観客数20,374人を記録した。
その水戸戦は、ヴィオラダービーのため見ることができなかったので、この試合は何としても行きたいと思っていた。

前節での観客数から、早めに行こうと思い、開場時間頃に三ツ沢に着くとそこには、横Cの試合では珍しい長い列が出来、普段はまず見かけないダフ屋も4〜5人見かけた。
当日券売り場の近くを歩いていると、ストンコさんに出会う。
今日は相手が山形とあって、「トノイケ隊」が集合していた。
さすが「トノイケ隊」を名乗るだけあり、ある人はレプリカを、ある人はチームのTシャツを、そしてタオマフ身につけての応援スタイルで、カナーリ場違い感を感じた私は、早々にバクスタ中央付近へ移動。
この日限定500枚発売のカズTは、発売開始30分ほどで大人用が完売という人気ぶり。
売店の人によると、普段の同Tシャツの売れ行きは大体20枚くらいというからどれだけ凄いかが。。。

しばらくすると、D氏が来場。
こちらはカナーリのまったり感で試合を観戦。
しあいはそんなマターリ感を打ち破る、好試合。
特にフリエが良い!!
今年ここまでにフリエの試合を5試合ほど見たけど、出来は間違いなくダントツでNO.1。
気持ちよいくらい良く攻める。
もったいないのは、最後で決められないこと。
それが最後まで響き、ロスタイムでの悪夢の失点につながる。

それでも他サポの自分にしたら、良い試合をありがとう的感覚で大きな拍手を送ったが、応援するサポはやはり悔しかったのだろう。
(勝てる試合だっただけにね)

一つ残念なのは、試合後フリエサポとモンテサポの間で軽く悶着があったらしいこと。
また試合後しばらくして山形の選手(トノさん?)がサポの前に出てきて、サポもそれに対して大きなコールを送ったこと。
そのとき自分は、フリエサイドにいましたが、フリエサポは明らかに不快感を示してました。
柏での一件もあるので、選手もサポもその辺は注意した方が良いと思う。
あるサポ(私は知らない人)は「山形(サポ)は許せないっすよ」とはっきり言ってましたから。。。

うちらもその辺は肝に銘じた方が(特にアウェーゲームでは)

PS.この日、横浜FCから新たなスポンサーが加わったことが発表された。これもカズ効果かな。
J's GOAL記事
| サッカー日和 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oujasaikou.jugem.cc/trackback/203
トラックバック